国民健康保険について

更新日:2020年08月07日

加入や資格喪失の手続きについて

国民健康保険は職場の健康保険などに加入していない方を対象に、病気やけがをしたときに安心して治療が受けられるよう、「保険税」を出し合う相互扶助を目的とした医療保険制度です。 

 加入の対象となる方

職場の健康保険に入っている方、生活保護を受けている方、後期高齢者医療制度で医療を受けている方以外の方は国民健康保険に加入しなければなりません。原則として、居住している市区町村の国民健康保険に加入します。

国民健康保険に加入している方の例

  • 自営業の方
  • 退職して職場の健康保険などをやめた方
  • パートやアルバイトなどをしていて、職場の健康保険などに加入していない方
  • 日本国籍以外で入国して3ヶ月以上滞在し中能登町に住所を有する方

 国民健康保険に加入するとき (14日以内に届出をしてください)

  • 他市区町村から転入したとき
  • 他の健康保険の資格を喪失したとき、社会保険の扶養家族を外れたとき
  • 生活保護を受けなくなったとき など

 国民健康保険を喪失するとき (14日以内に届出をしてください)

  • 他市区町村へ転出したとき
  • 他の健康保険に加入したとき
  • 生活保護を受け始めたとき など

国民健康保険に加入・喪失するときは14日以内に届出をしてください。

「他の健康保険を喪失し国保へ加入する手続き」や「就職などで他の健康保険に加入し国保を資格喪失する手続き」は、必ず個人で行ってください。会社などはその手続きを行いません。資格喪失手続きが遅れると国民健康保険税の督促状が届くことがあります。

 届出や申請の際には、次のものが必要です

  • 世帯主のマイナンバーカード(個人番号カード)またはマイナンバーの通知カード
  • 対象者のマイナンバーカード(個人番号カード)またはマイナンバーの通知カード
  • 窓口に来られる方の身元確認書類

(運転免許証など官公署発行の顔写真付のものは1点、健康保険証など顔写真なしのものは2点)

さらに、同一世帯以外の代理の方が届出を行う場合は、世帯主の委任状や対象者本人の被保険者証が必要です。

手続きと届出
こんなとき 申請に必要なもの
他の市区町村から転入したとき 印鑑、他の市区町村の転出証明書
他の健康保険の資格を喪失したとき、社会保険の扶養家族を外れたとき 印鑑、他の健康保険の資格の喪失日がわかる書類(離職票、退職証明書など)

所定の様式がない場合は添付されている健康保険資格取得(喪失)証明書を使用してください
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、保護廃止決定通知書
他市区町村へ転出した(する)とき 印鑑、保険証
他の健康保険に加入したとき 印鑑、保険証、新しく加入した健康保険証
生活保護を受け始めたとき 印鑑、保険証、保護開始決定通知書
被保険者証を紛失したとき 印鑑

一括ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

健康保険課

〒929-1692
石川県鹿島郡中能登町能登部下91部23番地
(行政サービス庁舎1階 行政サービスフロア)
電話:0767-72-3129 ファックス:0767-72-3794

健康保険課へのお問合せ