住まいの耐震化について~大切な生命と財産を守るために~

更新日:2021年09月22日

1981年(昭和56年)以前の建物にお住まいの方へ

近年、大きな被害をもたらす地震が全国各地で頻発しており、いつどこで大きな地震が発生してもおかしくない状況にあります。大きな地震が起きた場合に生命を失う原因の多くは建物倒壊です。大切な生命と財産を守るために、補助制度を活用し住宅の耐震改修を行ってください。

また、当町の直下で地震が発生した場合に想定される揺れの大きさや建物被害の可能性を示した「地震防災マップ」もご確認ください。

補助の対象となる事業

【 耐震診断】

(1)木造住宅であること

(2)昭和56年5月31日以前に建築または工事着手されたものであること

(3)町民税、県民税、固定資産税及び町に納付すべき使用料などで滞納がない方

(4)財団法人日本建築防災協会発行「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づき、一級建築士が実施する耐震診断

(5)耐震改修工事を具体的に検討している方

(6)他の制度による補助金を受けていない方

【 耐震設計】

耐震診断(1)~(6)に記載のもののほか

(1)耐震診断(上記(4)に基づく診断)実施済みであること

 【耐震改修工事】

耐震診断(1)~(6)に記載のもののほか

(1)耐震設計実施済みであること

(2)構造耐震指標を1.0以上にする改修(補強)工事であること

補助金額

  • 耐震診断:診断費用の2/3(限度額12万円)
  • 耐震設計:設計費用の2/3(限度額20万円)
  • 耐震改修工事:1棟当たり150万円を限度とする。

■費用負担が少ない代理受領制度があります■

・対象:耐震改修工事

■代理受領制度とは

町から補助金を施工業者に直接振り込むことにより、申請者はその分を差し引いた金額を施工業者に支払います。実質の工事等費用は変わりませんが、事前に用意する費用が少なくなります。(申請者は施工業者に代理で受け取る委任が必要です)

【例】 耐震改修工事 費用200万円

町 → 施工業者 補助金 150万円

申請者 → 施工業者 支払い費用200万円から補助金を差引いた 50万円

 

 

一括ダウンロード

ご案内

土木建設課
問い合わせ先 電話番号:0767-72-3920
ファックス番号:0767-72-3929
メールアドレス:dobokukensetsu@town.nakanoto.ishikawa.jp

 

この記事に関するお問い合わせ先

土木建設課

〒929-1692
石川県鹿島郡中能登町能登部下91部23番地
(行政サービス庁舎2階 住環境整備フロア)
電話:0767-72-3920 ファックス:0767-72-3929

土木建設課へのお問合せ