国重要無形民俗文化財「鵜様道中」

更新日:2018年12月06日

毎年12月に羽咋市の気多大社で営まれる「気多の鵜祭」国の重要無形民俗文化財に指定されており、平安時代の頃から続いています。神の化身である「鵜様」を七尾市から気多大社に運ぶ鵜様道中。鵜捕部が鵜籠を背負って、中能登町の旧道を通って羽咋市に向かいます。

鵜様道中の宿

12月13日、古くから鵜様道中の宿泊所となっている、良川地頭の鵜家(ういえ)宅に、鵜様が夕方到着し、一泊します。そして翌朝に出発します。

(鵜様道中の中能登町の主なルート)

・12月13日 久乃木、二宮、良川

・12月13日 良川の鵜様道中の宿に到着

・12月14日 能登部、金丸

kanban

道の駅織姫の里なかのとで写真展示会が行われています

開催期間 12月1日(土曜日)~12月14日(金曜日)

この記事に関するお問い合わせ先
企画課

〒929-1792
石川県鹿島郡中能登町末坂9部46番地
電話:0767-74-2806 ファックス:0767-74-1300
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。