ふるさと創修館特別展示「乗念寺文書が語る能登部の歴史」

更新日:2018年08月10日

(イメージ)ふるさと創修館特別展示「乗念寺文書が語る能登部の歴史」

開催場所・会場
ふるさと創修館
開催日・期間
平成30年8月1日(水曜日)~8月27日(月曜日)午前9時~午後5時
エリア
ふるさと創修館
イベントの種類分野
イベント / 生涯学習・図書館
イベントの詳細
内容

ふるさと創修館にて特別展「乗念寺文書が語る能登部の歴史」を開催します。

平成28年から平成29年にかけて乗念寺(能登部下)が所蔵する古文書調査が行われました。

本展では古文書調査の成果を反映して、中世から近代の古文書約30点を展示し、乗念寺と能登部地域の歴史を紹介しています。

全国で最古となる「本願寺御印書」(礼状、戦国時代)には、本願寺に献上した「麻」や「白布」などが記され、能登上布を語るうえで最も古い史料となります。

関連画像
特別展チラシ
休館日

毎週火曜日

問い合わせ先

教育文化課 文化財保護係

〒929-1715
石川県鹿島郡中能登町一青こ部19番地1
電話:0767-74-2735 ファックス:0767-74-2736

関連イベント