こどもの予防接種

更新日:2021年04月01日

医療機関で実施する定期の予防接種

 

町から届いた予防接種券と母子手帳を持って、医療機関にて接種してください。

中能登町予防接種指定医療機関はこちら(PDFファイル:139.5KB)

 

<新型コロナウイルスの感染拡大防止について>

各医療機関には、風邪症状などの診察目的で受診される方と、予防接種目的で受診される方とが接触しないような配慮をお願いしていますので、予防接種を受ける際は、かかりつけの医療機関に電話、指定された時間や場所で接種してください。

 

<ワクチンの接種間隔について>

令和2年10月1日より、ワクチンの接種間隔についての規定が改正されました。

注射生ワクチンを打った後、別の注射生ワクチンを打つ場合、27日以上の間隔をあけます。

その他の経口生ワクチンや、不活化ワクチンを打った後に、別の注射生ワクチンや不活化ワクチン等を打つ場合は、接種間隔に制限はありません。

 

ただし、同一ワクチンを複数回接種するときは、それぞれ定められた間隔を守りましょう。

 

ワクチンの接種間隔について

ロタウイルス感染症

ロタウイルスワクチンは、ロタリックス®とロタテック®の2種類があります。

どちらのワクチンを接種しても、同様の効果があります。

初回接種の標準的接種期間

生後2か月~出生14週6日後まで

対象者

令和2年8月1日以降に生まれた方で、

ロタリックス®:出生6週0日後~出生24週0日後までのお子さん

ロタテック®:出生6週0日後~出生32週0日後までのお子さん

通知 赤ちゃん訪問時に接種券を配布
回数

ロタリックス®:2回

ロタテック®:3回

※令和2年7月31日以前に生まれたお子さんは、任意予防接種費用助成事業で助成を受けることができます。

厚生労働省によるロタウイルスワクチンについてのリーフレットはこちら

B型肝炎

標準的接種期間 生後2か月~9か月未満
対象者 1歳未満のお子さん
通知 赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布
接種回数

初回:2回(1回目と2回目の間に27日以上の間隔をおいて接種)

追加:1回(初回1回目の注射から139日以上の間隔をおいて接種)

 

ヒブ感染症

標準的接種期間 初回開始は生後2か月~7か月未満
対象者 生後2か月~5歳未満のお子さん
通知 赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布
接種回数

初回:3回(27日以上の間隔をおいて接種)

追加:1回(初回接種終了後7~13か月までの間隔をおいて接種)

 

小児の肺炎球菌感染症

標準的接種期間 初回接種開始は生後2か月~7か月未満
対象者 生後2か月~5歳未満のお子さん
通知 赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布
接種回数

初回:3回(27日以上の間隔をおいて接種)

追加:1回(初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、生後12~15か月までに接種)

 

四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)

標準的接種期間 生後3か月~12か月未満
対象者 生後3か月~7歳6か月未満のお子さん
通知 赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布
接種回数

初回:3回(20日以上、標準的には20~56日までの間隔をおいて接種)

追加:1回(初回終了後12~18か月までの間隔をおいて接種)

 

BCG

標準的接種期間 生後5か月~8か月未満
対象者 1歳未満のお子さん
通知 赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布
接種回数 1回

 

麻しん風しん

接種期間

第1期:1歳~2歳未満

(1歳になったらできるだけ早く接種しましょう)

第2期:小学校就学前の1年間

通知

第1期:赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布

第2期:年長児の4月にご案内します

接種回数

第1期:1回

第2期:1回

 

水痘(水ぼうそう)

標準的接種期間

1回目:生後12か月~15か月未満

2回目:1回目の注射終了後6~12か月の間隔をおく

対象者 1歳~3歳未満のお子さん
通知 赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布
接種回数 2回

 

日本脳炎 第1期

標準的接種期間

初回:3歳~4歳未満

追加:4歳~5歳未満

対象者 初回・追加ともに3歳~7歳6か月未満のお子さん
通知 赤ちゃん訪問時に予防接種手帳を配布
接種回数

初回:2回(6~28日までの間隔をおいて接種)

追加:1回(初回終了後おおむね1年を経過した時期に接種)

 

日本脳炎 第2期

標準的接種期間 9歳~10歳未満
対象者 9歳~13歳未満のお子さん
通知

令和2年度より、9歳を迎えるお子さんについて、誕生月の翌月にご案内しています。

(※1)令和3年4月~令和3年12月まで、日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少する見込みであることから、令和3年度については、9歳を迎えるお子さんへのご案内は行いません。供給が安定する令和4年度にご案内いたします。

接種回数 1回

※平成17(2005)年の積極的な勧奨の差し控えにより、平成7(1995)年4月2日~平成19(2007)年4月1日に生まれ、第1期、第2期の接種を受けられなかった人は、20歳未満であれば接種することができます。

また、平成19(2007)年4月2日~平成21(2009)年10月1日までに生まれたお子さんで、7歳6か月までに接種できなかった1期の未接種分を、2期の時期(9歳以上13歳未満)に接種することができます。

詳細については、中能登町「子育て支援室」までお問合せください。

(※1)日本脳炎ワクチンの供給量についての詳細は、厚生労働省のホームページでご覧になれます。

厚生労働省「ワクチンの供給状況について」

二種混合(ジフテリア・破傷風)

標準的接種期間 11歳~12歳未満
対象者 11歳~13歳未満のお子さん
通知

小学校6年生については、4月に一斉に接種券を郵送しました。

また、今年度から、11歳を迎えるお子さんについて、誕生月の翌月にご案内することとしました。

接種回数 1回

 

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

標準的接種期間

中学1年生

対象者 小学校6年生~高校1年生の女子

通知

現在通知はしておりません

保護者の希望により接種券を発行します

接種回数 3回

定期接種としてのワクチン接種は可能ですが、積極的におすすめすることを一時的に控えています。接種に当たっては、有効性とリスクを十分理解したうえで受けてください。

以下のリーフレットもご参照ください。

小学6年生~高校1年生相当 女の子と保護者の方へ 大切なお知らせ(概要版)

小学6年生~高校1年生相当 女の子と保護者の方へ 大切なお知らせ(詳細版)

HPVワクチンを受けたお子さまと保護者の方へ

 

予防接種の詳細については厚生労働省のホームページ<外部リンク>にてご覧になれます。

この記事に関するお問い合わせ先

健康保険課「子育て支援室」 

〒929-1692
石川県鹿島郡中能登町能登部下91部23番地
(行政サービス庁舎1階 行政サービスフロア)
電話:0767-72-3134 ファックス:0767-72-3141

子育て支援室へのお問合せ